ずまさんのポケットルーム(本館)

パワプロメインの野球好きのサイト。(たまーにスケベな)ラノベ風SSも置いてます。

白百合大学編 キャラ設定5

須田 優奈(すだ ゆうな)
日常面
人との関わりが苦手な女の子。気に入らない事にははっきりと物申すタイプでかつ我が道を往くタイプなので不良扱いされており、同級生の友人がいた事はほとんど無かったらしい。(同学年の子分は何人かいたようだが)
その分面倒見がよく後輩や気の弱い人には頼られるタイプ。
少し年の離れた兄はプロ編の主人公・維人(ゆいと)。
体格の良さと腕っ節の強さは兄譲りで、同学年の一般男子3人程度なら問題なく叩きのめす事が出来る。
藤田や浅野曰く「普通にしていればかわいい」。
両親が共働きで兄に世話されていた為か兄への依存度が高い。所謂ブラコン。
両親は高1の冬(兄プロ1年目・キャンプ中)に事故で他界しており、兄は東京の球団に所属しているため一人暮らし。ただし関西遠征の際には兄はこちらに住んでいる
野球面
こちらも兄譲りのセンスで1年ながら田島に並ぶ最速144km/h。ストレートを中心に縦のカーブを有効に使うのも兄譲り。
足が早くないがフィールディングが上手く、打撃もよい所まで似通っている。
宇野は彼女のピッチングを見て自身をなくし軟投派に転向した。
花澤と友情を築きパワーアップすると147km/hまでアップする。
上位打線が強力なため下位打線ではあるが、打撃を生かすために登板のない日はライトの守備に付いている
ストーリー上の立ち位置
第四章の主人公。花澤が「太陽」なら彼女は「月」。自分には無い周囲を盛り上げる力を持っていたり、本格的な経験が無いにも関わらずセンスと根性で食らいつく彼女に対して一方的な嫌悪感を抱き突き放そうとしながらもそれでも付いてくる彼女への揺らぐ気持ちを気付かせ、プラスの感情に素直に従わせるのが主なルート。
徳島出身→東京移住

村山 昇(むらやま のぼる)
日常面
藤田や上原の出身校である籐楊(とうよう)高校で4番を打っていた選手。
寡黙で堅物な印象を受けるが、実はムッツリスケベ。
言葉よりも行動で引っ張るタイプ
野球面
パワーがあり率も残せる強打者。藤田に憧れ大学でもショートを目指すも脚力が足りず高校時代同様に却下される。
打球反応がよく肩も強いため最初は学校内外の関係者からはサードを守らせようとされていたが、捕球力が高い事とサードで頭角を表しそうな選手がいる事、頭三つほど抜けた藤田の強肩を活かすサードがいない事からファーストに任命されている。
ストーリー上の立ち位置
1年であるためか本筋のストーリーにはあまり絡まない。宇野のパワーアップイベントでは堅物(と思われた)彼に性的な反応をさせるのが目的。
主人公が内野手の場合、村山をパワーアップさせると肩力が10アップする
神奈川出身

花澤 唯(はなざわ ゆい)
日常面
いつも明るい女の子。地味めではあるがかわいい顔で男子からは人気である。
部活には所属していなく、身体能力はあまり高くなかったが動体視力や根性、手先の器用さに優れているため大会の数合わせの助っ人として呼ばれる事が多かった。
一方で同級生の女子からは不当に嫌われており、部活には所属しなかったのはそのため
野球面
最初は打球速度に付いていけなかったがわずか1週間でセカンドに適応。
出場機会を狙う中内野全ポジションを試すうちに送球が上手く、脚力がそこまで無いことからサードに。二軍の試合を重ねるうちにシュアな打撃で頭角を現す。
背番号発表の頃には一軍定着。4年のレギュラー候補の山田が怪我をしたのを機に下位打線でスタメン入り。期待に応え攻守で活躍する
ストーリー上の立ち位置
彼女のイベントは基本的に同性の友人がいない彼女が須田の心を掴むのが目的。
境遇や性格の違いから冷たく当たられるがそれでも彼女に興味を持ったことから持ち前のガッツでアピールする。
特定のイベントでは捕手を勤めるが適正はない。
奈良出身

高崎 麗衣(たかさき れい)
日常面
5年以上前に引退した、シンカーを得意球とする守護神のファン。
本格的な野球経験はないが満足にキャッチボールが出来るレベルではある。
酔っ払いのオッサンに絡まれていた所を助けられて以降、須田の舎弟である。
志願して須田がオフの時にキャッチボール相手になってるらしい
野球面
先述の守護神のように横から投げシンカー系の球を得意とする投手。雑誌を見て覚えたらしい。
大きく逆カーブのようなシンカーと少し食い込むシンカーがある。須田のコーチングによりある程度球速が出るようになったがまだまだ発展途上中。
一時期、投球の幅を増やすため須田のような速球を目指し上から投げていたが、中途半端に球速だけ上がりコントロールを乱してしまう。また、大きいシンカーがただの抜け球になってしまうなどスランプに陥るが宇野に軟投派の心得を説かれサイドに戻す。
その際に宇野と投手経験のある藤田からスローボールを一つずつ教わる
ストーリー上の立ち位置
基本的に日常面の須田の舎弟としてがメイン。花澤とは気が合う。
今期待の若手プロ選手には昨シーズン、3年目で新人王争い最有力候補須田優奈の兄・ライナサスの須田維人を挙げている(白百合編4年目=プロ編3年目)。
おまけキャラなので真ルートの関わりはあまりない
東京出身
スポンサーサイト
  1. 2017/12/09(土) 13:13:01|
  2. その他・白百合大学編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オリジナル編 年表 | ホーム | 白百合大学編 キャラ設定4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zumasan.blog.fc2.com/tb.php/1097-fe4ea9fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)