FC2ブログ

ずまさんのポケットルーム

パワプロメインの野球好きのサイト。(たまーにスケベな)ラノベ風SSも置いてます。

白百合大学編 キャラ設定4

浅倉 敦紀(あさくら あつき)
日常面
中性的な可愛い顔をした男の捕手。昔は島田と一緒によく女漁りをしていた。
1年の夏、甲子園から帰ったあとよく逆ナンされて天狗になっていたらしい。
野球面
木製バットの扱いに慣れておらず、打撃はイマイチ。だが、高校時代はそれなりに打撃が良かったようで時々その片鱗を見せる
基本的には守備型の捕手で、スローイングの精度と肩の強さでランナーを征するタイプ。リードも高レベル
ストーリー上の立ち位置
藤田が直接スカウトに行った初めての選手。薄手のキャッチャーを埋められる選手を探していたのと彼らに合う理由が出来たため。
藤田が3年の時に島田と1年生バッテリーとして対戦しており、その時のマネージャーが中田。浅倉は捕手としての目線で追い込まれた時に圧倒的な力を爆発させる藤田の打撃に惚れ込んでいたようだがそれはまた別の話
キャッチャーではあるが投手関連のパワーアップイベントは藤田や浅野のインチキや工夫によって進行する場面が多く、
島田と妹尾以外はそれほど深く関わってこないが、藤田と真剣勝負することでパワーアップする田島2回目は彼を通さずにいかに二人で乗り越えていくかに重点が置かれる。
徳島出身

島田 真平(しまだ しんぺい)
日常面
こちらも浅倉と同じく藤田がオファーした選手。女遊びに耽っていたら後天的な血液病(HIV)にかかってしまったらしく、その治療の実験台としてのオファーとしても込みなのは本人も承知。妹尾と会ってからは他の女とはほぼ遊ばずに野球も安定していたが妹尾が白百合に行ってからは生活が一変しこのようになった
野球面
1・2年の時は俊足好打で打者としても注目されていた。
血液病はまだ軽度ではあるので元気な時のみ練習には参加し、抑えの1イニングとしてのみなら登板できる。
最速153km/hのノビのあるストレートにフォークとカットボールも投げる。命をすり減らしてそう。
展開次第ではマウンドで倒れてそのまま死ぬ事もあるが全てのフラグをおらないといけないためほぼ起こらない
パワーアップルートなら後に日本人初の完治者となるがそれは浅倉がプロに入ってしばらくした後のお話
ストーリー上の立ち位置
天狗になり堕落した学生とその理解者のストーリー。彼のストーリーは妹尾の感嘆と中田の激怒から始まる。
また、須田の小学生時代のライバルでもある
徳島出身

宇野 雅美
日常面
二つ下のド変態な女の子。田島の高校時代のチームの後輩で、藤田とは彼女が高1の冬に田島に連れられて大阪に来た際に会っており、また毎年夏と冬に時間が取れた際に会いに来ている。また、田島、上原の同室であった。
中田や田島程ではないがチーム3位の巨乳。また一つ下である須田の高校時代唯一心を開いた先輩らしい。
藤田とはアニメ等のナード系趣味の守備範囲が近いためか仲がよい。また、田島がスケベ系のアニメに多少興味があるのは彼女がきっかけである。
野球面
出どころの分かりづらいフォームの左投げの軟投派投手。とはいえ体が大きく、女としてはそれなりに早めの球速。
田島曰く元々速球派だったらしいが本物の速球派左腕の後輩の球を見て自信をなくし軟投派にチェンジしたようだ。
シュート中心にスローカーブとスライダーも投げるタイプだったが軟投派にチェンジした際にシュートを改良しスクリューへと変えた。
クイックも上手く、ランナーを制する以外に打者のタイミングをずらすのにも使う事がある。
メインは中継ぎなのであまり打席に立つ機会がないが、パワフルな打撃を持ち味としている
ストーリー上の立ち位置
基本的に真ルートを通るにはあまり関わらずにいる。が、村山が加入後限定のパワーアップをしているのが真ルートの条件。
藤田・田島と特に仲がいいため雑談系のイベントにはよく混ざる。
チームの中継ぎエースとして活躍するも、作中で田島には「やっぱり先発するすべきだよ」、須田には「速球派に戻るべきです」と言われるが果たして...
東京出身(大阪移住済み)
スポンサーサイト
  1. 2017/11/28(火) 17:22:00|
  2. その他・白百合大学編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白百合大学編 キャラ設定5 | ホーム | パワプロ2017 選手査定 菊池雄星>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zumasan.blog.fc2.com/tb.php/1093-31c50c64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)